菅野美穂と木村佳乃の濡れ場シーンまとめ

Uncategorized

土屋アンナ・木村佳乃・菅野美穂のおっぱい、乳首、ヌードが無料で観れる!「さくらん」の濡れ場シーンをレビュー

ここでは、土屋アンナ・木村佳乃・菅野美穂の濡れ場シーンがある映画「さくらん」をレビューします。

菅野美穂の濡れ場(開始から14分頃)

※画像は左右にスライドできます

菅野美穂のマシュマロおっぱいを観る ↓

木村佳乃の濡れ場(開始から51分頃)

※画像は左右にスライドできます

木村佳乃のエロい濡れ場を観る ↓

土屋アンナのプロフィール、経歴、スリーサイズ

プロフィール

芸名 土屋 アンナ
本名 アンナ・マリーハイダー
出身地  東京都
身長  168㎝
星座  うお座
スリーサイズ B:85 - W:60 - H:89
所属事務所 バックステージマネジメント
血液型  A型
生年月日 1984年3月11日
趣味 料理・絵画・クラシックバレエ・バスケットボール・マリンスポーツ・スキューバダイビング
特技 絵画・木登り

主な代表作(映画)

公開日 作品名
2004年 下妻物語
2005年 バッシュメント
2007年 さくらん

木村佳乃のプロフィール、経歴、スリーサイズ

プロフィール

芸名 木村 佳乃(きむら よしの)
本名 東山 佳乃(ひがしやま よしの)
出身地 東京都世田谷区成城
身長 167㎝
星座 おひつじ座
スリーサイズ B:83 - W:58 - H:83
所属事務所 トップコート
血液型 A型
生年月日 1976年4月10日
趣味 読書・漫画・音楽鑑賞・映画鑑賞・パソコン・お香・ギター・絵画・写真・スポーツ観戦・サッカー観戦・柔道観戦・旅行・スキューバダイビング・水泳
特技 乗馬・英語・水泳・フルート・ピアノ・ギター

主な代表作(映画)

公開日 作品名
2000年 ISOLA〜多重人格少女
2002年 船を降りたら彼女の島
2007年 さくらん
2007年 ドリーム・クルーズ
2008年 おろち
2010年 告白
2019年7月5日 Diner ダイナー
2019年9月13日 記憶にございません!

菅野美穂のプロフィール、経歴、スリーサイズ

プロフィール

芸名 菅野美穂(かんの みほ)
本名 堺 美穂(さかい みほ)
出身地 埼玉県坂戸市
身長 160㎝
星座 しし座
スリーサイズ B:81 - W:54 - H:82
所属事務所 研音
血液型 AB型
生年月日 1977年8月22日
趣味 作詞・格闘技観戦(女子プロレス)・旅行
特技 座り歩き・陸上

主な代表作(映画)

公開日 作品名
1998年11月 落下する夕方
2002年2月9日 化粧師 KEWAISHI
2002年10月12日 Dolls
2010年5月 パーマネント野ばら
2007年2月24日 さくらん
2011年2月 ジーン・ワルツ
2012年12月 大奥〜永遠〜
2013年6月8日 奇跡のリンゴ

さくらんのレビュー

あらすじ・ネタバレ

物語は、江戸の一大遊郭である吉原です。

オープニングは、店先で遊女たちが並んで客引きをしているシーンから始まります。

きよ葉(土屋アンナ)は、店の前に通りがかった光信(永瀬正敏)に色目を使うが、目を逸らされてしまいます。
その様子を見た若菊が、「心なき、間夫(まぶ:遊女の本命)は今頃、向島(むこうじま)、お茶引きの身、一人相撲よ」と皮肉の短歌を読み上げます。

気性の荒いきよ葉は、不敵な笑みを浮かべると、「なめんじゃねえよ」と短歌を切って若菊を蹴り倒します。
二人は掴み合いのケンカになりますが、先に手を出したきよ葉は仕置きとして庭で縛られます。

店で働く清次(安藤政信)はきよ葉の様子を伺いに来ますが、「この世は苦界(くがい)にございますよ」と吐き捨てるきよ葉。

きよ葉の幼少時代

きよ葉は、幼いころに遊郭玉菊屋に身売りされました。

きよ葉は、初めてみる夜の街並みに見とれていると、玉菊屋の粧ひ(しょうひ:菅野美穂)がおいらん道中をしている場面に出くわしました。

遊郭に入ると、粧ひがきよ葉の面倒を見ることになりました。
身なりが汚れているきよ葉に「あぁクサいクサい…」と粧ひは不敵な笑みを浮かべます。

きよ葉は、玉菊屋から何度も脱走をしては折檻を受けていました。
清次は、そんなきよ葉を叱りつけますが、九郎助稲荷(くろすけいなり)の桜を見て、もしこの桜が咲いたら、この俺がここから出してやると約束します。

ある日、粧ひが客に抱かれている様子を目撃したきよ葉は、自分もここにいては女郎になってしまうと恐怖を感じてその場を去ります。
その時に誤って金魚の水槽を倒してしまい、一匹死なせたことを粧ひに叱責されます。

女郎になることを強く拒絶するきよ葉に厳しく接する粧ひでしたが、一方で花魁としての素質を見出していました。
この後、粧ひは身請けが決まったとき、「一人前になったらつけな」ときよ葉にかんざしを渡します。

大人の遊女へと成長したきよ葉は、17になったときに独り立ちを迎えました。

粧ひがいなくなり、高尾(木村佳乃)が花魁となりました。
高尾目当てに店に来たご隠居に、きよ葉をつけろと清次に告げます。

きよ葉はご隠居をもてなそうとしますが、嫌味ばかりを言われて「クソジジイ!」と悪態をついてしまいます。
ご隠居は、嫉妬深い高尾の気を引こうと、わざときよ葉が気に入った素振りを見せます。

ご隠居に水揚げ(※処女を喪失すること)されたきよ葉は、一気に遊女として成長していきます。
きよ葉は、男をどう扱えば好いてもらえるのか、なぜかわかるのです。

きよ葉は、ある日店に来た惣次郎(成宮寛貴)という男に惹かれます。
惣次郎も、きよ葉目当てに店に来るようになります。

一方、花魁の高尾に絵描きの光信(※オープニングできよ葉が色目を使った相手)が逢いに来てくれて喜びます。
しかし、部屋を開けると、これまで人物画に興味を示さなかった光信がきよ葉を描いている姿を見て、嫉妬の炎を燃やします。

きよ葉は、惣次郎への想いを募らせるあまり、他の客には身が入らなくなってきました。
惣次郎だけは、騙したくないと言います。

坂口(遠藤憲一)という客に指名されたきよ葉は、廊下で花魁高尾に呼び出されます。
呼び出された先へ行くと、そこには惣次郎が待っていました。

高尾にほだされたきよ葉は、惣次郎に抱かれてしまいます。

一方、坂口は、他の遊女がきよ葉の話をしているのを聞いてしまいます。
怒り狂った坂口は、きよ葉の元へいくと殴りつけます。

きよ葉は、この事件以来惣次郎に逢えない日々が続いていました。
事件を企てた張本人の高尾に嫌味を言われたきよ葉は、再び大乱闘を起こしてしまいます。

きよ葉は、気持ちが抑えられなくなり、玉菊屋を抜け出して惣次郎に逢いに行きます。
惣次郎に偶然逢うと、きよ葉に微笑みかけました。

「笑う鬼だ…」

きよ葉はそうつぶやき、何も話さずにその場を後にしました。

きよ葉は、自分が想うほど惣次郎が自分を想っていない事実に、表情だけで見抜いたのです。

高尾は、間夫の光信との関係が冷え切ってきたことで、精神を病んでいました。
情事が終わると、高尾は衝動的に目の前にあった刃物で切り付けようとしますが、もみ合いになった拍子に自分の首を切ってしまい、絶命します。

玉菊屋は、高尾が亡くなったことで、きよ葉を花魁にしようとしますが、2~3番手辺りでのらりくらりとやりたいきよ葉はそっけない返事をします。
しかし、清次に真っすぐな目でお願いをされたきよ葉は、引き受けることにしました。

花魁となったきよ葉は、日暮(ひぐらし)と改名して、立派においらん道中を務めあげました。

後日、きよ葉は倉之助(椎名桔平)という武士に出会います。

日暮は、部屋にある箪笥(タンス)は豪華だけど中身は何もないと言うと、中身はこれで着物でも買えばよいと倉之助は金を出します。
すると日暮は、「金をまけば遊女が悦ぶとでも思ったか!」といつもの啖呵を切ってしまいます。

相変わらず問題ばかりの日暮でしたが、玉菊屋はどんどん繁盛していきました。

倉之助は、啖呵を切られてもまた日暮に逢いに来ました。

武士である倉之助ですが、非礼を詫びると頭を下げたのです。
倉之助の謝罪を受けて、自分も素直に謝る日暮。

そのころ清次は、玉菊屋を営む夫婦から、縁談の話をいただいていました。
子どものいない玉菊屋の夫婦は、清次に店を継がせようとしたのです。

倉之助は、日暮に何度も逢いに来ました。

倉之助は、日暮に身請けをしたいと言うと、庭の桜の木が咲いたらここを出るつもりだと答えます。

倉之助は、日暮を手に入れるために、庭に桜の木を植え付けて満開の桜を見せます。
玉菊屋すべての遊女がいる前で、倉之助は日暮を正式な妻にすると宣言します。

日暮は、体調がすぐれない様子でした。
清次は異変に気付き問いただすと、日暮は妊娠していたのです。

日暮は、どの客の子か分からなくとも、生むことを決意していました。
たとえ、武士の倉之助に殺されようとも。

日暮は、子を産む決意を倉之助に打ち明けます。
すると、倉之助はそれでも一緒になろうと言います。

しかし、日暮はその直後に体調が急変し、倒れてしまいました。
流産でした。

日暮は、悲しみに打ちひしがれました。
そんな日暮に、清次は自分の母も遊女だったが、生もうと思ってもらえただけでその子は幸せだと言葉を掛けます。

倉之助は、日暮の身請けをするタイミングで、清次と梅(※縁談の相手)のお祝いも一緒にやろうと提案します。

日暮の元へ、ずっと良くしてもらっていたご隠居が逢いに来ました。
つい本音を漏らす日暮に、温かい言葉を掛けるご隠居は、そのまま膝の上で永遠の眠りにつきます。

翌朝、日暮と清次は、九郎助稲荷の桜を見に行くと、一輪の花が咲いていました。

「咲いたな」

「咲きんした」

「本物の桜を見に行くか」

二人は、すべてを投げ捨てて桜を見に行くのでした。

感想・見どころ

この映画「さくらん」を観て、すぐに思い出したのが安達祐実主演の「花宵道中」です。

どちらにも言えることですが、基本的に吉原を舞台にした作品ってハッピーエンドがまずないですよね。
身売りされてボロボロになるまでセックスする話なので、まあしょうがないですが。

そして、これも共通していますが、吉原の遊女を演じる俳優さんは皆エロいです。

首から鎖骨までの肌を露出するのが、もう絶妙にイイんですよね。
首をちょっと傾けて、パッチリした目で口角がくいっと上がって微笑むと…もうおじさんこの時点で変な汁出てます。

まず、イッテキューで有名な木村佳乃。
正直、ロケで面白いことをする人だと思って舐めてました。濡れ場シーンめっちゃエロいです。

男から、おっぱいを鷲づかみにされながら後ろから突き上げられる濡れ場なんですが、ホントに挿れてる?と思ってしまうほどの迫力です。

ただ、男がみると、遊女の身で一人の間夫に入れあげる重いキャラなのでちょっと引いてしまうかもしれませんね。

筆者としては、菅野美穂の濡れ場シーンが好みです。
こちらも、後ろからおっぱいをモミモミするところがあるんですが、観る限りほどよい弾力だと思うんですよね。

いやほら、おっぱいって張りすぎてても、柔らかすぎても駄目じゃないですか?
菅野美穂のおっぱいは、多分いや絶対ちょうどいい弾力です。

花宵道中」と比較すると、「さくらん」は思ったよりエロいシーンは多くないですね。
ただ、菅野美穂と木村佳乃は、乳首こそ出さないものの過激な濡れ場シーンを披露しているので、必見です。

作品の中で、きよ葉(日暮)が「この世はすべて苦界」だとつぶやくシーンがありますが、一番印象に残っています。
毎日過酷な現状を目の当たりにすると、人は希望を持つことの方がしんどくなるのでしょう。

今は、身売りなんて日本ではありえませんし、売春も(実際にはあるんですが)違法です。
生まれてから死ぬまで、自分の人生を選べない人はたくさんいたんだなと思うと、自分は本当に恵まれているなと感じます。

ラストは、清次と日暮がお互いの縁談をほっぽり出して店を抜け出してしまいます。
二人とも幸せそうな笑顔を見せますが、それから先の未来もやはり「苦界」なのでしょう。

さくらんの概要

作品名 さくらん
監督 成島出
原作 角田光代
音楽 安川午朗
脚本 奥寺佐渡子
制作 鳥羽乾二郎/秋元一孝
キャスト
  • (きよ葉・日暮)土屋アンナ
  • (倉之助)椎名桔平
  • (惣次郎)成宮寛貴
  • (高尾)木村佳乃
  • (粧ひ)菅野美穂
  • (光信)永瀬正敏
  • (若菊)美波
  • (大工)山本浩司
  • (坂口)遠藤憲一
  • (幼ききよ葉)小池彩夢

さくらんを無料で視聴する方法

菅野美穂・木村佳乃がアツい濡れ場を魅せる映画「さくらん」は、動画配信サービスU-NEXTへ無料会員登録をすると、タダで鑑賞ができます。

U-NEXT

(他にも、多数の有名俳優や女優の濡れ場が「見放題」サービスで鑑賞できます)

U-NEXTは、他にも15,000以上のアダルト作品が毎月見放題で楽しめる、日本最大級の配信本数を誇るサービスです。

-Uncategorized

Copyright© 女優の濡れ場シーンを集めたサイト , 2020 All Rights Reserved.